ジャカルタの現地採用

こちらのブログにジャカルタ駐在?の方の、現地採用に関する意見が掲載されています。現地採用者の迷いに対するきわめて厳しい、でも、とてもまっとうな意見。

私は海外生活が長くて現地採用の方にも多くお会いしていますが、ジャカルタとか中国とかの経済が大きく発展している地域ではなく、アフリカなどで会う現地採用者は、もっと悠々と生きていました。それは、現地採用の次を考えているのではなく、その地で生きて行こうという覚悟が、とりあえずその時点ではできていたからでしょう。

でも、いつか日本社会で、とか、現地企業で出世して、とか、日本でのキャリアパスを海外に置き換えるだけの考え方であれば、このブログの筆者の方の見方が至極当然に思えます。

結局今の時代(いつの時代でも同じでしょうが)、次を目指すなら、自分自身の差別化ができていないといけない、ということでしょう。日本にいようが現地採用者であろうがそれは同じこと。現地採用ということだけで、自動的にそれが差別化に繋がるほど甘くはない、ということ。特に日本人や優秀な現地の人たちがいる地域ならなおさら。

これがコンゴ共和国で10年間現地採用で働いています、というのなら唯一無二の存在になれるかもしれませんが…